大学生の磯釣り日記

釣りに行きたい大学3年生

難しい分からない面白い

先日の釣りで思ったこと。

 

 

この時は水温低下直後の影響か大変渋い状況で、素人の自分からすると「これグレ絶滅した??」と思ってしまいました

 

 

そんな中、1日のうち何回かはウキがちょっと沈んだり、なんとなく違和感を感じるようなアタリがあったり、エサが取られることがありました。

 

塗装が剥げていたのはフグ系だと思うのですが、他のが実はグレだったのかなんだったのかはまだよく分かりません。 

 

 

自分はオモリをうって、ウキは浮かせる釣り方が主です。シモリ周りにアプローチしたいし、ウキを浮かせれば、魚がエサを触れば、何らかの変化があらわれるので、それを見極めて掛けてやろうという思惑です。(実際は掛けれていませんが)

 

 

 

微妙なアタリ時はすぐ掛け合わせにいった方がいいのか、1回聞いて見たほうがいいのか。

今回は何回か聞いてみましたが特に何も感じずそのまま浮いてきたので、もしかしたらアタリじゃなくて根かなんかちょっと引っかかってただけかもしれない。

 

 

今回のような低活性の状況では、全遊動にしたり、ウキを沈めればアタリが大きく出るようになるのだろうか。

しかし、そうしても食い込まず、逆にアタリが全く出なくなるのではないかと思ったのでしませんでしたが、とりあえず試してみればよかったです。

 

 

 

 

帰ってから考えてみると、いつももう少し色々できたかなと反省します(^^;

 

 

雑誌とかを読むと「ウキやオモリの抵抗を嫌って離す」とか「ハリスを細くすると色々な理由で食ってくるようになる」とか色々と書いてあります。

 

 

堤防でウキフカセの真似っこを適当にやってた時は「ほんとにこんなことあるんかいな」と思ってましたが、磯釣り始めて1年半ほどたち、実感できたことも少しありました。

 

ハリスはあまり細くしないのであれですが、ウキが入るけど食い込まず途中で浮いてきて抵抗を嫌ってるなと思った時はあります。

この時は色々工夫したら、ウキが綺麗に入るようになって「教科書通りだ!」と感動しました(笑)

 

 

 

でも、今回はもしあの微妙なアタリがグレのアタリだとしたら、ほんとに数センチ沈んだりするだけだったのでちょっと工夫しても食い込みそうにない気がします。

(というか棚が深いので、自分の腕では軽い仕掛けではそこまで馴染ませられない)

 

 

 

 

 

 

 

とか色々考えてはいるのですが、まだまだ考えが浅いのかそもそも考える方向が間違っているのか

 

 

 

 

 

うだうだと駄文を書いてしまいましたが、まとめると

とても難しい!

ということが言いたかっただけです(笑)

 

 

とりあえず文書にして残しておこうと思ったので書きました。

 

 

 

 

 

 

 

釣りってほんと難しくて面白いです

 

ただの初心者の戯言です( ˘ω˘ )